テーマ:写真

初めての「親切」

1977年11月26日   VARANASI to SATNA いよいよ本格的なひとり旅の始まり… 大きなシタールを抱えての列車の旅…初めての試練なのだ。 ベナレス発11:30…Dadar Exp.に乗り、遠々10時間の列車の旅…ともかくバテタ。 ベナレス始発の列車なので席はなんとか確保できたが、 予約なしの飛び乗り乗車、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さよならサルナート

1977年11月26日 in SARNATH 約2週間滞在したサルナートとも今日でお別れだ。 寺院広場にてみんなで記念撮影。 ひとりひとり、みんないい顔をしている。 以下は上が当時、 下が約10年前の顔写真で、僕の後輩がシッキムを訪れたときに撮ったものです。 まずは熱血漢のリンチェン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を出て一ヶ月

1977年11月8日 今日で、ちょうど一ヶ月目の記念日。 お祝いをかねて、ラッシーでひとり乾杯。 以下は、その日に書いた雑感記…原文のままです。 ●1ヶ月回想 いままでの1ヶ月を振り返って  21:00 8-11-1977 VARANASI CENTRAL HOTELにて 俺の「インド探検」もやっと1ヶ月を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベナレス点描1 絵地図

1977年11月2日 31年前の僕は、 この時期からシタールの練習に夢中になっているのでした。 ここでは、ベナレスという町を点描してみましょう。 まずは、聖地としての絵地図です。 この絵地図は、すっごく単純化されているので、 この町の性格がよくわかります。 下にガンジス河(ガンガー)が左から右へ流れ、 川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱が下がった

1977年10月23日 抗生物質を飲んだら、次第に熱が下がって 37.8度になる。 睡眠薬も入っているのか…眠い。 少し、食欲がでてくる。 アマラさんが作ってくれたチベット風ミルクライス1.50Rs.は まさにオフクロの味。 日本のおかゆのように美味しかった。 夕食後、だいぶ元気がでてきた。 ゴータムが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スジャータの丘

1977年10月18日 乾季のニランジャナ河は、干上がってました。 牛が昼寝してる スジャータの丘から、釈迦が修行した岩山を望む。 ゴータム・プラサド君と彼のご両親です。 彼の日本語は、当時でほぼ完璧… 今はお金持ちになってるのかな? 経 麻菜(ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仏陀のプールで沐浴して、いよいよ調査開始!

1977年10月17日 当時の裏通り のどかな風景です。(写真にカビがはえてますけど) 写真は、沐浴場での洗濯風景と初めて取材した食堂です。 イサーク君のいかした写真と村の子供たちです。 土製のかまども写ってます。 経 麻菜(ケイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おみやげ村=ブッダガヤ=BUDDHA GAYA

1977年10月15日 午前6:15 喧噪のカルカッタから約8時間、 列車は静かな朝もやの中をビハール州ガヤ駅に着いた。 駅前で待ち構えていたサイクル力車につかまる。 サイクル力車は初めてで相場がわからず、言い値で7Rs.! キコキコキコ……今にもバラバラになりそうなオンボロの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more