テーマ:スケッチ

ブッダガヤ最終日

1977年10月25日 朝早いうちに、大塔のわきに広場にて 牛の絵を仕上げる。 たぶんこの辺で牛の絵を描いたかな 前々から頼まれていた、スレスが持っていたUS50ドル… (なんで子供がこんな大金を持っているんだ) を銀行で換金してあげる。レートは8.45。 お礼に、スレスがチャイとミルク、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チベット人学生、Mr.リンチェンとの出会い

1977年10月24日 当時描いたクレヨン画。 大塔の西側には、のどかな広場が広がっていました。 チベット人学生のリンチェン君。赤いシャツを着た熱血漢です。 現在はシッキムで暮らしています。 経 麻菜(ケイ・アーサナ)@インド探検  記 TANTRA ASANA @ India…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イサークの村

1977年10月16日 上のスケッチが、おそらく初めての取材的なメモ・スケッチですね。 チャイが一杯20パイサとは… 素焼きのカップは、今でも使われているのでしょうか? イサークとアソーク(おそらくアショーカが正式な名前)が混同していますが、 二人は兄弟で、この写真はイサーク君ですね。 下のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりぼっちの夜行二等寝台車 IndiaExploration 2nd class 2tier

1977年10月14日 21:40 ガヤ行きの夜行二等寝台車が ゆっくりとハウラ駅のホームをすべり出した。 さらば、カルカッタ…ニランジャナ。 もう、ニランジャナはいない。 頼れるのは、自分ひとり…若干二十歳のひとり旅が始まってしまった で、さっそく試練がやってきた。 僕の席に見知らぬ男が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼りのニランジャナ君と使用人=Mr.INUS

1977年10月13日 ニランジャナ君が約束の時間になっても現れないので、 朝いちで、安宿の使用人=Mr.INUSをスケッチ。 グレートイースタン・ホテルへ忘れ物をとりに行くが、 結局見つからず(何を忘れたのかは、忘れた)。 ニランジャナ君の案内で カルカッタ~ガヤ間の鉄道の切符を購入…26.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安宿 初めてのスケッチ

1977年10月12日 グレートイースタンホテルをチェックアウト(1泊77Rs.) 11000円を換金330Rs. 昨日予約しておいたサダル・ストリートのホワイトホール・ホテルへ。 1泊15Rs.の部屋は、すごかった おもわず、スケッチする。(インド探検初スケッチだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅立ち IndiaExploration START!

大昔なのだ。 1977年10月8日、午後4時、PK763便にて羽田空港発。 若干はたちの僕は、初めての海外旅行に旅立った。 目指すはインド。 当時所属していた大学探検部の仲間たちが、 羽田空港の出発ロビーに集まって 万歳して見送ってくれた。 そう、僕は、旅人ではない…? インドを「探検」するのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more